彼女に告白する勇気を貰う

包茎を誰かに馬鹿にされてしまっても私は内心気にしないでいました。
股間というのは滅多に人に見られるものでもありませんし、顔などにコンプレックスを抱えるよりマシだと自分を慰めていたのです。
しかし、いざ好きな人が出来ると股間に対するコンプレックスはとてつもなく大きくなっていました。
包茎を直さなければ彼女に告白する権利が無いとまで思える様になり、彼女に告白する為に包茎手術をしようかとも考えた事もありました。
しかし、もし包茎を治したにも関わらず彼女にフラれてしまったらどうしようという思いもあって、一度は諦めかけましたが、このまま告白せずに諦めてしまうより、手術をしてフラれた方が次の恋愛にも移りやすいと考えて、横浜のクリニックで包茎手術を受ける事にしたのです。
手術は完全に上手く行ってくれて見た目にも満足出来た上に、彼女への告白も上手く行ってくれたのは今でも最高の思い出として残っています。
手術の勇気を出さなければ今頃も一人で過ごしていたかもしれません。